102  愛美12才 朝レイプ4連続中出し絶頂

パンパンパンパンパン! ぐりゅっ! ぐぶりゅっ!

「あっあっイイッ!パパのおちんぽ気持ちイイ!愛美イクッ!イッちゃうぅ!」

セーラー服を着た中学生1年生の未熟マンコへ、容赦の無いピストンを打ち込む。もはや娘の12才の幼い体は絶頂寸前だった。

「愛美、出すよ?出すよ?朝から愛美のドスケベまんこに中出しするよ?おらぁ!!」

どっ…びゅるうーーー! ぶびゅるーー! ぶりゅうーーー!

「うぁハァン!イッ…クゥーーーーー!」

12才のパイパンおさなマンコへ中年の饐えた欲望汁を腟内射精する。

ぶびゅっ! ぼびゅっ! どぶびゅるっ!

「あんっ!あんっ!あーーーーーーーー!♡」

「イクイクイク…まなのおまんこイックゥ!パパちんぽ凄い…おちんぽ、おちんぽぉお!」

びゅっ! びゅっ! びゅる…!

最後の一滴ひとしずくまで精液を注ぎ込む。愛美は細い体をビクンビクンと痙攣させ、生中出しされた悦びにうち震える。

「あーー♡ あーー♡ あハァー〜! あ〜〜…♡」

腟内射精の余韻に浸り、私に正常位で組み敷かれている娘はとても幸せそうだ。その表情は目隠しで隠れているが、だらしなく緩んだ口元は満たされた雌そのものである。

また娘の12才の無毛ぴちぴちマンコも、嬉しそうにヒクヒクと蠢き、射精後の私のチンポにウネウネと絡みついてくる。

「愛美…おまんこヒクヒク締め付けてくるよ?ひょっとしてまだ欲しいのかい?…ん?」

私も娘の未練たらたらマンコに応えるように、ゆるゆると腟内を円を描く様にチンポを動かす。

「ん…♡ はぁ…ン♡ はい…まなみ、もっとパパのおちんぽ欲しい…パパザーメンびゅーびゅーされたいですぅ… えろぉ…ん♡」

ねだるように舌を出し、蠢かせる。目隠し、手錠をされ緊縛状態のセーラー服姿の中学生が舌をチロチロと動かす様はが堪らなく卑猥だ。

「お願いパパ…もっもシテ?まなのいけないおまんこに、えっちな欲しがりスケベまんこにパパの逞しおちんぽズコズコしてぇ?」

そう言って、私の腰に長い足を絡めて大しゅきホールドしながら腰を前に突き出し、更なる挿入をオネダリしてくる。

「まったく、貪欲なおまんこだ!」

ぐぷん!

「んハァン!♡♡♡ パパのおちんぽまたきたぁ!♡♡♡」

それから愛美のセーラー服早朝貪欲マンコに3度ドピュドピュした。

♀♀♀

「ふう…腹が減ったな」

「んっんっ♡ …ちゅる。ん…。 パパ、じゃあまなみ朝ごはん作ってくるね?…少ししたら来て?」

朝から4度ザーメンをパイパンぷるぷるマンコに注がれた愛娘の愛美は、感謝のお掃除フェラをしていた口を離し、最後にチュッと先端に愛情たっぷりのキスをする。

私も朝から頑張り過ぎたので、しばし娘の女の匂いがするベッドで休憩してからキッチンへと向かう。

「あ♡ パパ。もうすぐ出来るから待ってて?」

「うん…うん?」

そこには裸エプロン姿の娘がいた。しかも胸元がハート型になっていて、随所にピンクのフリルが付いている。男を喜ばせる為だけにデザインされた様なエプロンだ。

裸エプロン

それは男の夢のひとつ。新婚の夫婦で旦那が頼み込んで新妻に着てもらうエロ衣装。

それをそこらのアイドルよりも可愛い中学1年生の愛娘が、自ら着てくれている。

成長途中のJCおっぱいはエプロンに隠れているが、横からハミチチしている。無防備にさらけ出されている真っ白い細い背中、そこから尻に至るラインはまだ12才という年齢もあり、背徳的な色気に満ちていた。

愛美は少女とは思えぬ妖艷な表情をし、剥き出しのお尻をぷるぷる揺らしている。堪らない。堪らなかった。

「愛美…!」

私は後ろから裸エプロン姿の中学生の娘に抱きついた。フリル付きのハート型エプロンの上から乳を揉む。

「あん♡ パパ、ダメ…ごはん作ってるからぁ…♡」

「何がダメなんだ?こんな男を誘う格好をして…愛美はパパを誘惑するいけないだ…!」

「んふん…。ごめんなさいパパ…。じゃあ、いけないまなみに…おしおきしてください」

愛美は手を後ろに回して私の股間を撫で上げた。更に、スリ…と剥き出しの若尻も押し付けてくる。

「自分から誘っておいてお仕置きをオネダリか…まったくドスケベな女だ!」

私はコンロの火を止めて、調理台の上に愛美の手を付かせ、尻を突き出せた。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。